利尻山 西壁Bフェイス

2020.3 利尻山 西壁ローソク岩正面Bフェイス

 私たちは、初登記録の5P目にあたる「土壁のハング」まで、2Pロープを伸ばし、ペッカーとワードホッグで作ったビレイアンカーの入念なアクティブテストで精神を安定させた後、「土壁のハング」に取り付く。

脆い岩壁に剥がれかけた草付きとブッシュがへばりついている。抜けかかったブッシュや、壁とへばりついた雪との間にアームバーをきめたりと、あの手この手を使って高度を稼ぐも行き詰まる。残置は一切見当たらず。

ようやく極上のブッシュにたどり着き、しばらく思案するも、見上げる壁の見通しが暗いことに変わりなし。

ルンゼ落ち口に向けロープを伸ばすも、手前5m程で敗退。

冬季のA2セクションはとても厳しかったです。

翌朝、第一コルよりクラストした大空沢左股をガリガリ滑落下山。

破断面より上部には新たにクラックが入っていた。二股からは、ようやくスキーらしく滑れるようになる。

写真や動画を撮りあっていたら目的のバスに乗り遅れた。諦めムードが漂うも、沓形止まりのバスからタクシーへ乗り継ぎ、出港ギリギリのフェリーに飛び乗った。

「諦めなければ何とかなるものですね!」と一言。

傷口に塩。自爆。   

板橋、一橋

 

3 thoughts on “利尻山 西壁Bフェイス

  1. 本日kより聞きました。冬期初登にトライしていたのですね。
    おそらく、40年近く誰も近づいていないルートだけに惜しかった。
    記録ぜひ読みたいですね。

    そして秋期の登攀期待しています。
    どうぞご安全に!

    • 道具は進化しても、人間は遠く及ばずでした。
      残置無き今、初登者の執念と同じ熱量で取り組める課題となりました。出直してきます🙇‍♂️

ここにコメントを入力してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください